MAGGIEFARM


-ABOUT-

“色褪せないモノ” を CONCEPT に
ネイティブアメリカンの
伝統をルーツにした
無骨ながらどこか優しく新鮮な
“ LEATHER WALLET BRAND”

-LEATHER-

“革について”

素材の革には伝統やナチュラルなライフスタイルを大切にするネイティブアメリカンの考えをもと
自然のきめ細かいシボを活かしたオイルドレザーを使用。
オイルドレザーとは、タンニン鞣しの際にオイルを染み込ませて、
革をよりしなやかにし耐久性が増した革です。
オイルを染込ませる事で、しっとりとした質感になり、
水や細かい傷に強く、簡単なお手入れでも充分です。
使い込むと独特の光沢感が生まれてきます。


※タンニン鞣しとは...植物から抽出した渋(タンニン)を革のたんぱく質に結合させてなめす方法です。
鞣された革は、伸縮性が小さく、堅牢な作りが特徴です。

-BRAND TAG-

“ブランドタグについて”

①ビーズコード Beads code

ネイティブアメリカンの工芸品で愛されているビーズ。
ビーズの語源は、アングロサクソン語の〈祈る〉といわれ
祈りの回数を数えるために用い、祈りを支える道具として役割を果たしてきました。
マギーファームでは、日本で作られたガラス製の種のような「シードビーズ」に
青 < 自由 > 白 < 平等 > 赤 < 友愛 > の祈りを込め、
鹿ヒモに通しブランドタグの一部として使用しております。

②ホワイトセージ Salvia apiana

ホワイトセージはサルビア科の一種で、食用スパイスなどに使われるセージとは
種類が違い、サルビアアピアナの名で知られ「神聖な賢人」いう別名がついています。
一つずつ手摘みで収穫された後、天日でしっかり乾燥させています。
古来からネイティブアメリカンの儀式における浄化や抗菌の為に使用されてきた経緯があります。

-SMUDGING-

“スマッジングについて”

スマッジングとはホワイトセージの煙で燻す浄化法で、
ネイティブアメリカンの人々が、 古来より神聖な儀式の前に用いた方法です
ゆっくりと立ちのぼる煙には、あらゆるものを浄化する作用があると伝えられています。
マギーファームの商品にはホワイトセージの葉がついてます。
購入後に浄化を行い、コンディションの良い状態に整えてからご使用下さい。

“ホワイトセージの使用方法”

1.IGNITION 点火

セージの葉を1枚取り、先端に火を点けます。

2.EXTINGISH 消火

火が点いたら、手であおいで火を消してください。 白い煙が立ちのぼります。

3.SMOKING 燻煙

白い煙が出たら、浄化する物をゆっくり煙にくぐらせれば浄化完了です。

-ONLINESHOP-

-CONTACT-